今天是:2017年7月24日 星期一

黄山の風景

发布日期:2013-9-29 浏览次数:5208

中華民族の象徴の一つ黄山

  黄山の立つ中国安徽省南部(北緯30度1分、東経118度1分)、新垣は歙盤、黟、太平、休宁4県の間、週辺の250平方キロメートル、精華の部分154平方キロメートル。黄山の元と黟山で伝説軒轅皇帝はかつてここで修身煉丹、唐天宝六年(西暦747年)に改名して。黄山奇伟美しいだけでなく、秀麗である開けるのは世界に知られて、1基の資源が豊富で、生態完備、重要な科学と生態環境価値の国家級風景名所、所属世界の文化と自然遺産、すでに世界遺産に登録され。黄山は既に中国名山の代表、古来“五岳の帰りは山を見ず、黄山の帰りを見ないで、&ldquo岳”;天下一の奇山”と呼ばれ、そしてと長江、万里の長城、黄河は中華民族のシンボルの一つと呼ばれる。
 

  皖南の古村落――西逓村、宏村
世紀は安徽省黟县南東部、地理座標:東経117°38′、北緯30°11′、村落12.96ヘクタールの面積。西逓村四方は山、二匹の渓流の北、東から村を経て村裏村の南が集まって源橋。集落は1本の縦の街や二条の道に沿って渓を主な骨格、構成は、主に東に伸びるの南北集落巷システム。すべての巷では黟县靑石敷いて、古い建物は木造で、煉瓦を維持、木彫、石砖雕多彩で、坑道、渓流、建築の配置している。村の空間が変化趣緻し、建築色調質素であっさりして上品な具現し、皖南古村の居住環境を作成する方面のた才能と成就、非常に高い歴史、芸術、科学的価値。
 

世界唯一の八脚鳥居――许国石坊


 

千年の堤の--渔梁ダム


人の絵で遊--安江画境


徽商故郷--闘山の街
 

 

徽派庭園--新安碑
 
 

棠樾鳥居群「慈孝演员表郷に、美しい江南第一